本文へジャンプ
 
 
♪藤森太鼓保存会とは♪
平成十七年に藤森神社創建千八百年を迎えるに当たり、同年十一月二十五日から二十七日に行われる「藤森神社創建千八百年祭」に奉納演奏をしてほしいと、氏子の故寺内勝氏(深草祓川町)より太鼓の寄贈がありました。また、故寺内氏の知人でジャズドラマーの猪俣猛氏作曲のによる「藤森」「うずら」「東山」の三曲も同時に寄贈されました。さらに指導者として世界中で活躍されている和太鼓集団「鼓童」の元メンバー南條明氏を招聘されました。神社の呼びかけにより氏子達(神社関係者)が集まり同年七月より練習を始め、「藤森太鼓保存会」が発足しました。現在、藤森太鼓保存会は藤森神社で正式に会として認められ、練習・演奏させて頂いており、氏子総代の辻三郎氏のご寄付をはじめとして、さまざまな方々のご寄付やご協力を頂き活動しております。藤森太鼓保存会は、今後何十年・何百年と後世に伝え継承していくために、保存会のメンバー、一人一人が高い意識と使命感を持ち活動しています。

  藤森太鼓保存会 会長  
前田 哲男
inserted by FC2 system